一般的な育毛剤の成分とは?

一般的な育毛剤の成分とは?

一般的な育毛剤には、複数の育毛成分が配合されています。
その中で、それぞれの成分の特徴を挙げてみましょう。
まず、血行を促進する成分。
これは、毛細血管を拡張させて頭皮の血行を良くする働きがあります。
また、頭皮の血流が良くなることで、髪の毛の成長にとても大切な毛乳頭へ栄養素が行き届くようになります。
ミノキシジル、塩化カルプロニウム、セファランチン、ニコチン酸ベンジルなどが代表的です。
ミノキシジルは、有名な大正製薬の「リアップ」シリーズの主成分ですが、どの育毛剤にもほとんど配合されています。
次に、男性ホルモンの活動を抑制する成分。
これは、毛髪を作り出す毛母細胞の分裂を妨げている男性ホルモンの活動を抑制する働きがあります。
エチニルエストラジオール、スピロノラクトン、オキセンドロン、ジエチルスチルベストロールなどですね。
次に、皮脂の分泌を抑制する成分。
これは、皮脂腺の活動を抑制することで、過剰な皮脂の分泌を防ぐ働きがあります。
また、頭皮に皮脂が溜まっていては脱毛を促進してしまうので、その皮脂を取り除く働きも含まれます。
代表的な成分として、オドリコ草、カシュウ、イオウなどが挙げられるでしょう。
他にも、頭皮を殺菌する成分や毛母細胞、毛根細胞などを活性化させる成分が含まれている場合もあります。
薄毛の原因は人それぞれですので、相性が良かったり悪かったりする育毛剤があるのは当然です。

まずは自分の薄毛の原因を見つけ、その症状が改善されるような育毛剤を見つけることが大切ですね。

関連ページ

育毛剤の役目って?
育毛を気にしている人は多いようです。年齢とともにどうしても抜け毛が増え、毛量が少なくなったように感じられると思いますが、これらを防ぐ方法はないのでしょうか。ここでは育毛剤やシャンプーの効果を紹介しています。
育毛剤の種類とは?(外用薬、内服薬、ヘアケアタイプ)
育毛を気にしている人は多いようです。年齢とともにどうしても抜け毛が増え、毛量が少なくなったように感じられると思いますが、これらを防ぐ方法はないのでしょうか。ここでは育毛剤やシャンプーの効果を紹介しています。
育毛剤・発毛剤・養毛剤は何が違う?
育毛を気にしている人は多いようです。年齢とともにどうしても抜け毛が増え、毛量が少なくなったように感じられると思いますが、これらを防ぐ方法はないのでしょうか。ここでは育毛剤やシャンプーの効果を紹介しています。
育毛剤のデメリットって?
育毛を気にしている人は多いようです。年齢とともにどうしても抜け毛が増え、毛量が少なくなったように感じられると思いますが、これらを防ぐ方法はないのでしょうか。ここでは育毛剤やシャンプーの効果を紹介しています。
育毛剤の正しい使い方とは?
育毛を気にしている人は多いようです。年齢とともにどうしても抜け毛が増え、毛量が少なくなったように感じられると思いますが、これらを防ぐ方法はないのでしょうか。ここでは育毛剤やシャンプーの効果を紹介しています。
育毛剤の効果が現れない場合って?
育毛を気にしている人は多いようです。年齢とともにどうしても抜け毛が増え、毛量が少なくなったように感じられると思いますが、これらを防ぐ方法はないのでしょうか。ここでは育毛剤やシャンプーの効果を紹介しています。
育毛剤は本当に効果ある?
育毛を気にしている人は多いようです。年齢とともにどうしても抜け毛が増え、毛量が少なくなったように感じられると思いますが、これらを防ぐ方法はないのでしょうか。ここでは育毛剤やシャンプーの効果を紹介しています。
育毛剤や育毛サプリメントの注意点
育毛を気にしている人は多いようです。年齢とともにどうしても抜け毛が増え、毛量が少なくなったように感じられると思いますが、これらを防ぐ方法はないのでしょうか。ここでは育毛剤やシャンプーの効果を紹介しています。