発毛のメカニズムとは?

発毛のメカニズムとは?

髪の毛は胎児の時に皮脂腺や汗腺と共に発生し、皮膚の一部が変化して出来た物だと言われています。
発毛のメカニズムは、胎児の時に皮膚が陥没して毛包が造られることが始まりになります。
毛包が出来ると毛包の下にある毛母細胞が細胞分裂を行い、ケラチンというタンパク質によって髪の毛が形成されていくのです。
その細胞分裂が繰り返し行われることによって髪の毛は生長していくのですが、生長に必要なアミノ酸は毛細血管によって運ばれます。
髪の毛には発毛周期というものがあるのですが、これが男性は3〜5年、女性は4〜6年と言われています。
髪の毛は、最初は細く柔らかい物で、その後、段々と太くコシのある硬い髪の毛へと生長します。
年齢と共に太くなっていきますが、10代になれば成人とほぼ同じになるでしょう。
髪の毛の生長が終わると、やがて古い髪の毛は抜け落ち、新しい髪の毛となる毛芽が発生し、また新しい髪の毛の生長が始まるのです。
一般的には、3、4年〜6、7年前後で自然脱毛と発毛を繰り返しています。
年齢と共に髪の毛は変化していくものですが、ストレスやそれ以外にも何らかの原因や病気がある場合は、その発毛周期が上手く一定化していかなくなります。
そのような状態が長く続くことで抜け毛も多くなり、髪の毛が薄いという状態を作り出すことになるのです。
毎日自然に脱毛していく分には、特に問題はありません。
自然な脱毛の目安としては、1日に約50〜60本程度です。

関連ページ

頭髪の役割とは?
育毛を気にしている人は多いようです。年齢とともにどうしても抜け毛が増え、毛量が少なくなったように感じられると思いますが、これらを防ぐ方法はないのでしょうか。ここでは育毛剤やシャンプーの効果を紹介しています。
頭髪の平均的な本数ってどれぐらい?
育毛を気にしている人は多いようです。年齢とともにどうしても抜け毛が増え、毛量が少なくなったように感じられると思いますが、これらを防ぐ方法はないのでしょうか。ここでは育毛剤やシャンプーの効果を紹介しています。
年齢別抜け毛の本数って?
育毛を気にしている人は多いようです。年齢とともにどうしても抜け毛が増え、毛量が少なくなったように感じられると思いますが、これらを防ぐ方法はないのでしょうか。ここでは育毛剤やシャンプーの効果を紹介しています。
脱毛症・抜け毛の種類って?
育毛を気にしている人は多いようです。年齢とともにどうしても抜け毛が増え、毛量が少なくなったように感じられると思いますが、これらを防ぐ方法はないのでしょうか。ここでは育毛剤やシャンプーの効果を紹介しています。